■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
【マッサン】余市町その22【オワコン】
273 名前: なまら名無し 投稿日: 2014/11/02(日) 12:40:46 ID:rExd9v1g
>>272 の続き。

上記の記事のように、
「頼りない労基」という社会的な雰囲気が出てくれば、
労基に「存在意義が薄れる焦り」を生じさせます。

焦った労基が、手柄を立てるために、
それほど酷くない労基違反の違法性を過大に見積もり、
労基違反の弱小企業を始末することで、
「手柄を立てたかのように装う」こともあるのではないでしょうか。

労基や労組は、企業を潰すためにあるのではなく、
企業をより健全な職場にするために、
アドバイザーとしての機能も有するべきです。

今まで、見て見ぬふりをし、
何のアドバイスも改善策も示さず放っておいてきたのは、労基の怠慢か、
そうでなければ、「労基違反を意図的に放っておくことで、
労基の都合でいつでも手柄を立てられるようにしておいた」
だけでしょう。

雇用者と被雇用者は、見て見ぬふりをしてきた公的機関に、
闘わされていませんか。

雇用者や被雇用者は、真摯に向き合い、
「真の敵」がどこに居るのか、
見極める必要があるように思います。

read.cgi V2.1(PC) 2013/05